スポンサーリンク

アイヒロ施設攻略:試練冒険

アイデルヒーローズ施設攻略:試練冒険

異なるサーバーたちに挑戦し、連続バトルをすることでドラゴンコインなどの報酬を獲得できる場所です。連続バトル中、ヒーローの生命値が回復されませんので、戦略を練ってバトルに挑む必要があります。

スポンサーリンク

試練冒険概要

試練冒険(旧:勇者の試練)は、2日に1日解放されます。
自軍のレベル40以上のキャラを使いステージを進めていきます。
敵の強さは自軍の戦力に比例して強くなり、ステージを進めるごとにも強くなっていきます。
全15ステージ×2で、ステージごとに敵プレイヤーと対戦して勝てば次のステージへ、負けてもレベル40以上のキャラが自軍に残っていれば再度挑戦可能。
自軍と敵のダメージを負ったキャラや、倒れてしまったキャラが自動で回復することはありません。なので、回復系のキャラは必須です。

試練冒険で獲得できるドラゴンコインは非常に貴重です。
なかなか手に入らない強キャラと交換できまので、何度してでも攻略したいコンテンツです。

祭壇開放

アイデルヒーローズ試練冒険の祭壇開放

ステージ6をクリアすると祭壇が開放されます。

祭壇ではチャレンジバッチを使って、復活、回復、加護ができます

  • 復活-倒されたキャラを1体復活させる。

  • 回復-キャラ1体のHPを最大まで回復させる。

  • 加護-『攻撃力20%アップ』『最大HP30%アップ』『スピード50%アップ』の中からランダムで1つバフ効果が得られる。(何回でも重ね掛け可能)
    ※次のバトル中に発動
アイデルヒーローズ試練冒険の祭壇 加護の像

倒せない敵が現れたら、バフをかけまくります。

試練冒険攻略

敵を弱くする

昼モード15ステージをクリアすると、より高難度な夜モード15ステージが出現します。

試練冒険は自軍の戦力に応じて敵が強くなります。
反映される自軍の戦力は自軍の上位6キャラの戦力合計です。

昼モードのステージ1の敵は、試練冒険のコンテンツに入るときの戦力合計。
その後のステージからは、前のステージをクリアした際の戦力合計で敵の強さが決定します。

なので、試練冒険が開放されてステージに入る前にキャラの装備&神器(アーティファクト)を外しましょう。
装備を外せばおのずと戦力が下がりますので敵が弱くなります。

なるべく、戦力を落とした状態でステージを進めるのが試練冒険攻略のやり方です。

ただし、夜モードの3、6、9、12、15ステージではクリスタルクラウンリーグの500、300、200、150、100位以内のプレイヤーもしくは、前のステージをクリアした際の自軍が敵として出てきます。

とてつもなく強い敵が出てくることもあるので、夜ステージの攻略には運要素もあります。

夜モードの2までは確実に突破できるようにはしておきましょう。

おすすめキャラ

試練冒険でおすすめなキャラは、回復系のキャラです。
森林陣営のビザや深淵陣営のノールマ、光明陣営のビレインなどがおすすめです。
私の場合、装備をすべて外して、ノールマをタンクポジションに配置して残りの回復系キャラだけを配置(2人~3人パーティー)して進めるところまで進めています。

戦闘が終わっても自動で回復せず次のステージにダメージを持ち越すので毎回全回復状態でステージを進められのが望ましいです。

最近は、自分を回復できるキャラが増えてきているのでそのようなキャラもおすすめです。
光明陣営の強キャラ『アイダ』や森林陣営の『バルキリー』など。

初心者向け攻略

アイヒロを始めて間もなくは回復系キャラがいないと思いますので、アカウント登録でもらえる星5『ノールマ』を使い試練冒険を攻略します。

ノールマはダメージを受けた際の自己回復スキルを覚えます。
序盤はこれが何より強いです。
ノールマ1体だけで昼モードをクリアすることも難しくないほどです。

私の場合は、アイヒロを始めて試練冒険のために、他のキャラは育てずに、ノールマのみをレベルアップさせていきました。
ひたすらノールマだけをレベル100までアップさせていき、他のキャラは戦場のステージが進められる最低限のレベルしか上げずにすれば、夜のステージ2までは毎回クリアできていました。

ドラゴンコインはどれに交換する?

ドラゴンコインは昼および夜のステージ15をクリアしたときに出てくるレベル3の宝の星5キャラが狙い目です。
以前は、召喚獣を強化する『デビルソウル』や『カオスストーン』がメインでしたが、今は星5キャラのほうがおすすめです。

星5キャラでも自分の欲しいキャラが出るまで粘ってください。
ドラゴンコインは強キャラ(暗闇や光明も取得可能)をゲットできる貴重なものなので無駄遣いや妥協はやめましょう。

アイヒロ攻略トップページはこちら